インプラントとは、自然歯に近い感覚で物を食べる事が出来るようにするために、歯茎に装着する医療器具です。

差し歯のようなぐらつきや違和感を感じる事が無く、もともと持っていた自分の歯と同じ感覚で噛むことが出来る様になりますので、より一層食事を楽しむ事が出来るようになります。また、他の治療法では両隣の歯にぐらつきなどの悪影響が出てしまうおそれもありますが、インプラント治療ではそのような影響はありませんのでとても快適です。
一般的に歯の治療は大掛かりなものになればなるほど顎の骨が細くなってしまい易いのですが、インプラント治療ではそのような影響が出ることはありませんので、顔の形状にも一切影響が出ないといえます。

虫歯などの影響により歯の大部分を失ってしまった人の場合、これまでは数本の歯を治療するのが精一杯でしたが、インプラント治療の技術の進歩により、全ての歯を失った人であっても歯を回復させる事が可能となりました。

また、固い物を噛むときには顎の力だけでなく歯の性能が十分である事が求められますが、入れ歯などの方法と違い歯に密着させる事が出来るので、固い物であっても安心して噛むことができます。

治療にかかる期間も平均して3ヶ月ほどと、非常に短期間で治療を終わらせる事が可能な事も魅力で、一旦インプラントを装着してしまえば半永久的に自分の歯として使用できるのも大きなメリットと言えます。一生使う歯だからこそ大切にケアを行うべきだと言えます。